婚活について思う事

交際まで発展せず、婚活に行き詰っていませんか?

婚活をしている人の中には、何人かと会っても、なかなか交際にまで結び付かない人もいます。
出会いの数を増やすために、結婚相談所に通ったり、友人から紹介してもらっても、断られてしまうことが多く、行き詰っている人もいるでしょう。
そんなときは、鏡で自分の全身をチェックしてみましょう。背筋はピンと伸びているか、堂々と歩いているか、洋服にシワはないか、靴は汚れていないかなどを改めて確認して見て下さい。
さらに、女性なら髪の毛がぼさぼさでないか、メイクはナチュラルかをチェック。男性なら、ひげのそり残しはないか、肌が脂でギトギトになっていないかなど見るようにしましょう。
外見を整えたら、次は内面から魅力を出ているか、自分自身と向き合ってみましょう。
仕事で疲れきっていないか、何か夢中になったり頑張っていることはあるか、楽しく毎日を過ごしているかを自問自答してみるのもいい機会です。
疲れきってしまうほど熱心に婚活をしてしまうと、かえって結婚までの道のりが遠のいてしまうこともあります。
行き詰ったときは、少し間をおいて自分の好きなことをするようにするなど、余裕を作ってみましょう。

今は婚活をしないと、なかなか結婚できない時代です

なぜ、婚活をしないと結婚できなくなってしまったのだろう?と思っている人もいると思います。
両親や祖父母の時代の人たちは、婚活なんてしていなかったはずなのに、ほとんどの人が結婚しています。
なぜ先人たちは結婚できたかというと、祖父母や両親の時代には、きちんと結婚を世話してくれる人がいました。
家同士で相手を決めていたり、お見合いを世話してくれる親せきの人や近所の人がいたので、”○○さんのお子さんはまだ結婚していない”という情報が、そのような人に渡ると、もれなく相手を見つけてくれていました。
ところが現代はそうはいきません。結婚を世話してくれる人はいなくなり、結婚したい人は自分で相手をみつけるしかないのです。
結婚は誰でもできるものと思って何もしないでいると、気付いたら自分が望む婚期が過ぎていたなんてこともあるかもしれません。

結婚相手に理想を抱きすぎてはいませんか?

結婚に夢を抱いている人は多いでしょう。婚活では、その夢を実現すべく、理想の相手を探すことになります。
しかし、今一度、考えてみて下さい。あまりにも理想を高く持ち過ぎてはいませんか?
女性だったら、男性に経済力があるほどいいと感じる人が多いと思いますが、不況の時代、なかなか高収入の男性と出会うのは難しいという現実も考慮する必要があります。
男性だと、女性に”女性らしさ”を求めすぎてはいませんか?料理や裁縫ができて、おしとやかな女性像を理想としているかもしれません。
もちろんそのような女性もいますが、女性の中には、仕事を頑張ってきて家事が苦手だったり、少し自己主張が強い人も多くいます。
自分の理想を追うだけだと、いい出会いを逃してしまうこともあります。
理想を追うのではなく、相手の個性と向き合って、自分とぴったりくるかを見るようにすると、素敵な結婚生活が送れる相手が見つかる可能性が広がります。

私も婚活頑張ってます! >>> アラサー女性におすすめの婚活サイトはこちら